読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田園の憂鬱

地方の男子高校生がつらつらと思ったことを書くブログ

ブログ開設にあたって

みなさん、初めましてトパーズです。

ブログを始めるにあたって、はてなブログの中から適当に選んで他の人は最初のブログ記事はどんなことを書いているんだろうと調べてみた。

一日のpv数が一桁のブログの人でも最初の行は『みなさん、はじめまして○○です。』だった。

正直言って腹が立った。まず"みなさん"といえるほどの数の人が自分のブログを見にくるであろうというナルシズムが見え見えだったからである。イキってんなぁと思った。

誰もお前のことなんか知らねぇから。なに芸能人面してんだよ、と。

でも、考えてみればブログを開設してしまう人間なんて絶対自分のことが好きに決まってるし、最初の記事を書く時なんて特にイキって当然だと納得した。

 

 

 

 自己紹介。トパーズという名前でブログを書く。今、読みかけの本が村上龍の『トパーズ』だからであって、別におもしろい由来でもないし、わざわざ捏造するほどの情熱もない。

 

私は現在、高校二年生の男です。(ここからデスマス調)地方に住んでいて、家の周りは田んぼです。高校はやけに古い歴史を持っている県立高校です。地方だと公立高校で歴史のある学校が偏差値が高いため、私の通っている高校も例に漏れず無駄に高くなっています。

そのため、教師は〇〇高生の誇りを持って〜とか気味の悪いことを言ったりします。

高2いうと、青春の真っ只中であり、学園モノの主人公は大体高校2年生が多い印象ですね。しかし私は(ブログを開設してしまう時点でお察しですが) なかなかつまらない高校生活を送っています。

趣味は読書、映画鑑賞、アニメ、筋トレ。休日は1歩も家から出ません。 

なのでブログのタイトルを「田園の憂鬱」としました。もちろん、佐藤春夫の『田園の憂鬱』からとっています。あの本は好きです。何度も読み返して文庫本がボロボロになってます。

 

 

私はこのブログで思ったことを書くだけです。PVも0で構わないし、飽きたらやめてもいいと思っています。今まで長く続いたものは一つもないのでブログも明日には消えてるかもしれません。